SUQQU デザイニングカラーアイズ 132凍夏(2020夏限定)を既存色と比較してみた

SUQQU デザイニングカラーアイズ 132凍夏(2020夏限定)を既存色と比較してみた
このページでは SUQQU デザイニングカラーアイズ 132凍夏(2020夏限定) を既存色と比較分析!

ご自身のパーソルカラーが診断済みの方もそうでないに方にも!

昨今のコロナショックでデパートは軒並み休業ですね💦

限定アイシャドウは気になるけど現物を確認してない今は買いにくい

思い切って冒険するには高すぎる

新製品が出たら絶対買う勢としては凍夏の良さの布教にお付き合いいただけると幸いです

02光燈花と124透葵陽と比較してみた

(左:蛍光灯下)(右:自然光下)

並べると結構違いますね!

コーラル~オレンジについて

黄みの強い順に 124透葵陽>02光燈花>132凍夏

132のコーラルはイエベの自分にはほぼピンクに発色、これ以上黄みがなくなると浮きそう

水色について

パレットの画像だと132凍夏のほうが青みが強そうですがほぼ発色せず

水色の色味としては124のほうがしっかり出ていました

一方、132は角度によりピンクのラメ+ほんの~り青み

132のコーラルの黄みが強すぎると感じるブルベさんは、この水色を上から重ねるとよさそうです

総評

・132凍夏は全体的にラメぎっしり!ラメが苦手な方は色が得意でも冒険しないほうがいいかも

・白色と水色を警戒しているイエベさんもスプリングタイプの方なら大丈夫そう(あんまり発色しないので)

・締め色はラメが強く淡い発色のためオータムタイプの方には色が軽すぎると思われます

↓パレット単体の画像はこんな感じです

132凍夏

02光燈花(定番品)

<画像だけだと132のコーラル似てると思ったんだけどなぁ~

124透葵陽(2019年春限定)

この記事が気に入っていただけたら↓のボタンからお友達にもシェアしてくださいね☺